卒業研究

卒業研究

平成28年度
・一般大学学生オーケストラの演奏技術向上のための一考察
  ―早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団のヴァイオリンセクションを例にして―
平成27年度
・日本語の合唱曲を歌うための身体表現
  ―グレゴリオ聖歌のカイロノミーの理論を用いて―
・宮澤賢治による農民芸術の実践
  ―音楽に関する活動とその意義を中心に―
・札幌の黎明期における音楽文化活動の研究
  ―札幌農学校と北星女学院を中心に―
平成26年度
・無形文化遺産としての中国雅楽の保護の現状と課題
  ―日本と中国の保護システムの比較をとおして―
・パリ国立高等音楽院のカリキュラム変遷
  ―教育者としての作曲家と音楽理論科目を中心に―
・小学校教員を目指すピアノ初心者の学習法
  ―自己調整学習(SRL)を通して―
平成25年度
・中国と日本の小学校音楽教育の比較研究
  ―変遷と現状からの考察―
・Carl Czernyのピアノ練習曲研究
・地域におけるクラシック音楽へのアプローチ
  ―山梨県の事例から―
平成24年度
・「点字楽譜」の教育的意義
・C.Ph.E バッハと演奏表現―18世紀ドイツにおける音楽家の著書からの考察―
・ピアノ導入期における教則本の比較研究
  ―幼児期の発達に着目して―

このページの先頭へ